Mercure Kakadu Crocodile Hotel

広大なカカドウ国立公園ですが、宿は限られたエリアに集中していて
今回の宿は、メルキュール・カカドウ・クロコダイル・ホテル

e0108979_18164056.jpg



建物がユニークなんです。
ホテルを上空から見ると一目瞭然。(画像お借りしました)

e0108979_09314156.jpg



そう!建物がワニの姿をしているのです。
口を大きく開けていて、そこがエントランス。

e0108979_18233918.jpg



ちょうどワニのおなか部分の中庭にプールがあって
それをくるりと囲んで部屋があります。

e0108979_18251098.jpg



部屋はSuperior Room。

e0108979_18281629.jpg



ホテルの周辺にはスーパーマーケットや唯一のパン屋さんがありますが
夕方には閉まってしまうので、朝夕食ともホテルのレストランで。

e0108979_18293277.jpg


お味ははっきり言うとまあまあというところ。
自然に囲まれた場所ならでは?というのか、ハエが飛んでいるのが
どうしても気になってしまうワタシでした。
それと、レストランの前の通路でアボリジニのグループがおしゃべりしているのですが
どうしても臭いを受けてけられなくて。
馴染めない困ったちゃんです、ワタシ。



[PR]
# by abg-paris | 2016-09-18 23:59 | 2016/09 Darwin

ウビルー

アデレードリバーからさらに東、カカドウ国立公園へ。

e0108979_23103902.jpg




ノーザンテリトリー北部に位置するオーストラリアを代表する自然観光地で
世界複合遺産にも登録されています。
先住民アボリジニの文化も多く残っていて、まずはウビルーへ。

e0108979_17023401.jpg



ロックアートギャラリーがあって、1キロほどの遊歩道を廻ります。
数多くの生き物の壁画が残るアートサイト。

e0108979_17153096.jpg



1万年以上も前にアボリジニによって描かれた猟師の壁画。

e0108979_17110279.jpg



こちらは魚ですね。
生き物は食物に供される命、未来の狩猟の成功に対しての敬意を表されています。

e0108979_17214363.jpg



岩の坂を上って

e0108979_17224973.jpg



展望ポイントへ。

e0108979_17325158.jpg



展望ポイントからは360度湿原の大パノラマ。

e0108979_17271707.jpg


サンセットが美しいところでもあるそうなのですが、
雨がぽつぽつと降ってきたので、急ぎ足でホテルへ向かいました。




[PR]
# by abg-paris | 2016-09-18 23:48 | 2016/09 Darwin

翌日からムスメ夫婦と4人で、カカドゥ国立公園へ2泊のプチ旅予定でしたが
昨晩ムスメがまた発熱して、結局ワタシとオットふたりでお出かけすることに。
ダーウィンから東へ3時間のドライブ、ジャバルーへ。

途中、アデレードリバーに寄り道です、ジャンピング・クロコダイル・クルーズ へ。
この辺りは野生のワニが生息しているエリアで、ワニ関係の観光スポットが点在、
ワニが好きというわけではないけれど、興味大。

e0108979_09184529.jpg


クルーズは1時間に1本、アデレードリバークィーン号という2階建てのクルーズ船もあるのですが
ワタシたちが乗ったの小さなボート。

ボートで進んで、ガイドさんがおもむろに

e0108979_09301883.jpg


生肉の塊を結んだ長い竿を、水面に近づけると
音もなく静かにやってきたのは、野生のワニ。
何とも不気味~。そして、肉に向かって食いつくのですが

e0108979_09434301.jpg


なかなか1度のトライでは獲物にありつけないようになっていて
何度もジャンプ!
尾を使って水平にジャンプするのが豪快で、迫力満点。



e0108979_09423591.jpg



残ったワニの餌を狙っているのは鳥たち。
一瞬のことですが、こちらも迫力ありました。

e0108979_09533296.jpg



豪快なワニのジャンプは見飽きることがなく、クルーズ終了。
おもしろかった!










[PR]
# by abg-paris | 2016-09-18 08:51 | 2016/09 Darwin

サンセット・クルーズ

夕方、ムスメの熱が少し下がったようなので
予約していたサンセット・クルーズへ4人で出かけました。
クルーズで食事付きなんていうと、ちょっと改まったツアーを想像しそうですが
小さなボートに乗って出発です。

e0108979_18132696.jpg



間もなく飲み物が配られて、ガイドさんのお話があるのですが
残念、言葉がわからなくて・・・、英語力なくて悲しい。

e0108979_18202625.jpg



お楽しみのディナー・・・?!

e0108979_18234847.jpg


ボートが近づいた砂浜の先に見えるお店。
ムスメダーリン曰く、「ダーウィンで1番おいしいフィッシュ&チップスのお店!」だそう。

e0108979_18244360.jpg


フィッシュ&チップス、お店で食べるのではなくてテイクアウトです。
揚げたてのアツアツ。
さすがに、食べきることはできなかったけれど、おいしかった!

e0108979_18245595.jpg



ボートはいつの間にか外海へ。
真っ赤な夕焼けに包まれて、沈んでいく夕日。

e0108979_18530517.jpg


飲み込まれそうなくらい美しかったです。




[PR]
# by abg-paris | 2016-09-17 23:58 | 2016/09 Darwin

ウォーターフロント

ムスメ夫婦のレジデンスはウォーターフロントエリア、
この辺りはちょっとしたリゾート地で、
ラグーンを囲むようにホテルやレジデンスが並んでいます。

e0108979_09160985.jpg



このラグーンは唯一泳いでも良いエリア、
ワニとクラゲがいるからダーウィンの海は遊泳禁止なのだそう。

リビングからはダーウィンハーバーが目の前に。
毎日のようにいろんな国の船が立ち寄るみたいで
この日は豪華客船プリンセス号が停泊中でした。

e0108979_16194812.jpg




ひと休みした後、お散歩へ。
海沿いの遊歩道を行くと、珍しい生き物に出会う。

e0108979_17484106.jpg



公園の大きな木。

e0108979_17501281.jpg



海。

e0108979_17515317.jpg



戦争の爪痕を感じる碑も。

e0108979_17580179.jpg




ストックヒルワーフで遅いランチ。

e0108979_18011771.jpg



海を見ながら、ベーコンのパイとミックスサラダ。

e0108979_18012449.jpg




[PR]
# by abg-paris | 2016-09-17 23:17 | 2016/09 Darwin