ミンディル・ビーチ

ダーウィンが位置するノーザンテリトリーは真っ赤な夕日で知られているところ。
美しいサンセットを見にミンディル・ビーチへ。

e0108979_18283265.jpg


ミンディル・ビーチでは乾季の間だけ、木日曜日にサンセットマーケットが開かれています。

e0108979_18290586.jpg


アジアの夜市のような雰囲気。
世界各国のフード屋台やアボリジニの民芸品などクラフトのお店や
ライブコンサート、大道芸のパフォーマンスもあってローカル色満載のお祭りみたい。

e0108979_18310890.jpg



ディジュリドゥっていう楽器でしょうか?
アボリジニが演奏する独特の音色の楽器に合わせて、踊る子供たちがかわいい。



そして夕日が沈む時間が近づくと、砂浜に集まるたくさんの人。

e0108979_18291275.jpg



潮が引いた浜辺の先に、夕日が写って、辺り一面を真っ赤に染めました。

e0108979_18312388.jpg


[PR]
# by abg-paris | 2016-09-22 17:41 | 2016/09 Darwin

イースト・ポイント

ワタシたちがダーウィンに来てから、ますます容態が悪くなるムスメ、
発熱と嘔吐に加え、咳が止まらなくなりました。
朝からムスメダーリンとオットが医者へ連れていくことに。

e0108979_11523346.jpg


先週、すでに医者にはかかっていましたが、「そのうちに良くなる」と言われ
薬は処方してもらえず、薬局で好きな薬を買って飲むようにと言われたとか。
こちらの方は平熱が日本人よりも高いので、少々熱があるくらいだと
大したことがないと判断されてしまうのか。
薬も日本のように簡単には処方してもらえないみたい。

結局この日も咳止めの薬をもらっただけ。
ムスメダーリンが仕事を休んでくれたので、ワタシたちは隣町の大きなショッピングセンターへ。
途中、海沿いのセーリングクラブへ寄り道です。

e0108979_17120771.jpg



ランチはイカのフライとチップス。

e0108979_17140141.jpg

e0108979_11572779.jpg




カンガルーに注意、の道路標識。

e0108979_17191476.jpg




海沿いを走って、イーストポイントへ。
ダーウィンの海は遠浅で、本当に美しい♪

e0108979_17192437.jpg




ショッピングセンターでお買いものした後、マックスブレナーでひと休み。
甘~いホットチョコレートを飲んで帰りました。

e0108979_17234201.jpge0108979_17235429.jpg

[PR]
# by abg-paris | 2016-09-21 23:37 | 2016/09 Darwin

カカドウ3日目は早朝チェックアウトして、ダーウィンへ。
西の方角はお天気良さそう。

e0108979_09503939.jpg


窓の外に見えた白い円錐のかたまりは、アリ塚。
後日、訪れる予定のリッチフィールドには、巨大アリ塚があるそう。

e0108979_09523908.jpg




レジデンスに戻る途中、スーパーでお買いもの。
物価が高いとはいえ、野菜、肉は安いです。

e0108979_11033174.jpge0108979_10595313.jpge0108979_10594224.jpg
















e0108979_10593518.jpg
e0108979_10595911.jpge0108979_11000434.jpg


















で、今晩のゴハンは

e0108979_11095747.jpg



スコッチフィレのステーキ、カボチャのポタージュスープ
トマトのプロヴァンス焼き、人参サラダ、玉ねぎとポテトのロースト、野菜のマリネ



ムスメの体調が戻らず、発熱、嘔吐が続き
ワタシのダーウィンでの家事シゴトが始まりました。
洗濯とお掃除はOKですが、お料理は苦手なので明日から大丈夫かなぁ。


e0108979_11155687.jpg


いろいろと不安に思いながらも、階下のカフェで1杯。



[PR]
# by abg-paris | 2016-09-20 23:14 | 2016/09 Darwin

ノーランジーロック

アボリジニの壁画が見られるもう一つの場所、ノーランジーへ。

e0108979_23191977.jpg



アボリジニの伝説や物語を表す壁画が有名で
ごつごつとした岩山のあちこちに点在する壁画を廻ります。

e0108979_23434973.jpg



太古の狩りの様子が描かれた壁画。

e0108979_23312804.jpg



白いのはカンガルーですね。
カンガルーは多く描かれていました。

e0108979_23382715.jpg



半洞窟のような岩壁に描かれているものが多かったですが、
ちょうど雨が降り始め、雨宿りできて助かりました。



e0108979_23515228.jpg


カカドウで最も有名な壁画、Anbangbang GalleryのLightning Man(稲妻の男)



雨が小降りになったので、岩場を登ってノーランジーロックの展望ポイントへ。
ナモンジョクの頭飾りといわれる岩

e0108979_23593208.jpg



広大ななアーネムランドの風景を見渡して。

e0108979_00005542.jpg




ワタシたちがカカドウを楽しんでいる頃、ダーウィンのムスメの具合は悪くなる一方で
ホテルに戻ったところにムスメダーリンからHelpコールがあって
明日の予定はキャンセル、朝一でダーウィンに戻ることになりました。




[PR]
# by abg-paris | 2016-09-19 23:10 | 2016/09 Darwin

カカドウ国立公園

カカドウ国立公園2日目、まずはボワリ・ビジターセンターへ。

e0108979_00154806.jpg


いろんな情報が得られるインフォメンションセンターで、ミニ博物館も併設。

e0108979_00164346.jpg


道路コンディションの案内は大切。
9月は乾期の終わりでまだ心配はないのですが、雨期ともなると川が増水して道路は水没、
未舗装の道路も多く、4WGでないと通行できなかったり。

売店もあって、アボリジニの手工芸品がありました。
が、お値段の良すぎること!物価が高いオーストラリアなので然りですが・・・、残念です。



その後、カカドウ国立公園の真ん中を流れるイエローリバーへ。

e0108979_00324232.jpg


大湿原には様々な花が咲き、鳥が集まる自然の楽園。


e0108979_00354738.jpg


イエローウォーター・リバークルーズの予定だったのですが、チケット売り場がわからず・・・
翌日でもいいかと、予定変更。
チケット売り場は、乗船場所のかなり手前のホテルということが、帰り道わかりました。



時間が空いたので、それではと向かったのは

e0108979_00464890.jpg


ババ湿原。
カカドウ国立公園にはブッシュウォークできるコースがたくさんあることをリサーチしていたので
湿原をクルーズできないなら、歩いてみようということで向かったのですが

e0108979_00514255.jpg


しばらく歩いてみたものの、湿原は現れず・・・
乾期の終わりという季節だったので、どこも干からびた状態。
湿原ウォーキングはできず残念ではあったけれど、内心ほっとしたのも本当で。

e0108979_00554397.jpg


というのも、こんな看板を見ていたから、しかも何か所にも。
ワニに遭遇したら、生きて帰れなかったかも、です!



e0108979_01004070.jpg


午前中に、別のブッシュウォークコースを歩いたので、良しとしましょう。




[PR]
# by abg-paris | 2016-09-19 12:09 | 2016/09 Darwin