ペナン島3日目は、再びジョージタウンへ。
ホテルからタクシーに乗って
アルメリア通りあたりで降りると待っていたのは


e0108979_12272671.jpg


あちこちで見かけるトライショーという三輪車。
観光客を見つけては声を掛けて、値段交渉。
もちろんワタシにも声がかかりましたよ。
向かった先はペナン博物館。


e0108979_12325743.jpg


写真や絵画、工芸品などの展示、ペナンの歴史を知ることができる。
内容はワタシ的にはそんなに興味があるわけではなかったのですが
エアコンが効いていて涼しい!

その後は、路地裏散策です。
ショップハウスが並ぶ通り、お店を覗きながらぶらぶら。


e0108979_12445037.jpg



Love Laneと言う名前の通り。
何のお店?宿?
ラブレーンという響きもあって、いろいろ想像してみたり。



e0108979_12504482.jpg



地元の人の生活を垣間見たり。


e0108979_12433707.jpg



暑さには弱くないと自負しているワタシですが
う~~ん、やっぱり暑い。
それでも暑さに負けず宝探しのように町歩きできたのには
理由があるのです。(続)




[PR]
# by abg-paris | 2016-08-19 11:21 | 2015/11 ペナン島

ペナン島の宿は主に、ジョージタウンエリアの古いショップハウスや
コロニアル建築のお洒落なホテルか、
ビーチ沿いのリゾートホテルに分かれます。

今回宿泊したのは、バトゥ・フェリンギの
ジョージタウンからタクシーで25分、バスだと45分くらい。


e0108979_08593832.jpg




広~い敷地、ガーデンリゾートライフのお部屋はラサウィングです!


e0108979_09292133.jpg


ラサウィングは、よりリラックスしてリゾートを楽しめるよう
プライベートな空間や特別なサービスなど用意されていて
たとえば、2つある朝食レストランのフェリンギグリルで
アラカルトのメニューをチョイスできたり
(もう1つのスパイスガーデンは、オープンカジュアルな雰囲気で
ファミリー向けの印象でした)


e0108979_09382436.jpg


朝からしっかりと調理されたメニュー、
美味しくてしっかりいただきました。
そして、15時からはアフタヌーンティータイム。
これ、おひとりさま分です~
ワタシ1人だったので、カッコいいムッシュと相席でした。^^


e0108979_09460434.jpg



夕方からカクテルタイムで、カナッペやサラダ、スィーツと
アルコールドリンクのサービス。
その他の時間もほぼ、アルコール以外の飲み物はフリー。
ホテル内でのちょっとした飲食であれば、このサービスで充分です。


プライベートプールでまったりするのもいいし


e0108979_09572638.jpg



ワタシは泳がないので、フットマッサージを受けてリフレッシュ。


e0108979_09552392.jpg



リゾートホテルってすごく久しぶりだったけれど
とっても満喫してしまいました。




[PR]
# by abg-paris | 2016-08-18 08:30 | 2015/11 ペナン島

ハーモニー通りから西へ。
テラスハウスが並ぶ路地歩き
この辺りは翌日も散策の予定ありなので、スルーして


e0108979_12295472.jpg




時間は16時、お腹も空き始め食事したかったけれど
屋台村レッドガーデン、オープンにはちょっと早くて。ザンネン


e0108979_12343451.jpg




そして今日最後の目的地、チョンファッツィ・マンションへ。
目が覚めるような青の建物なので、別名ブルーマンション。


e0108979_12411909.jpg


19世紀、ジョージタウンを仕切っていた華僑、大富豪のチョン氏の邸宅で
現在はブティックホテルになっています。
印象的なブルー!


e0108979_12425388.jpg



2000年にはユネスコの文化遺産、最優秀プロジェクトを受賞。
宿泊者以外は立ち切り禁止ですが
1日3回の見学ツアーに参加すれば、館内に入場可能。
英語のみのガイドなのですが、ぜひ!


e0108979_13033675.jpg


帰国してから知りましたが、宿泊やガイドツアーに参加する以外に
中のレストランで食事するという方法もあるみたいです。





[PR]
# by abg-paris | 2016-08-16 23:22 | 2015/11 ペナン島

イギリス植民地期の建物と
様々な文化が融合した独特の町並みを残すジョージタウン。
エリアによって町並みがはっきりと変わるのも
散策していておもしろいところ。


雨宿りのカフェを出て、人通りの多い交差点の角
パステルカラフルなヤップコンシー。
福建省出身のヤップ一族が建てたもの。

e0108979_10461991.jpg




アルメリア通りに入ってみると、テラスハウスもチャイナっぽい。
人通りは少なくて、ノスタルジックな気分です。


e0108979_10591793.jpg





ペナン島最大の中国寺院、クー・コンシーは
中国南部から渡って来たクー氏が建てた寺院。



e0108979_11220535.jpg


金銀散りばめた豪華な装飾の中


e0108979_11271857.jpg


かわいい動物を見つけたり。


e0108979_11315008.jpg


小さな資料コーナーもあって見ごたえあるのに
閑散としているのは、有料だからでしょうか?



ハーモニー通りを北へ進むと、見えてきたのはカピタン・クリン・モスク。
インド系イスラム教徒によって建てられたもの。
入り口がわからず、中には入れずじまいでした。


e0108979_11345658.jpg




横道を覗くと、そこはリトルインディアエリア。


e0108979_12023578.jpg




たくさんの鳩が集まるのは、ペナン島最古の中国寺院、観音寺。
1日中参拝者が絶えることなく、お線香があげられているからか
この空間、煙ったかったです。


e0108979_11515553.jpg




西と洋の異文化が混在する通り、
ハーモニー通りの名前の由来を思い知りました。





[PR]
# by abg-paris | 2016-08-15 21:56 | 2015/11 ペナン島

旅した11月は、ペナン島では乾季にあたり晴れた日が多いのですが
1度だけ、スコールに出会ってしまいました。
ジョージタウンを散策し始めて間もなく、にわかに空がどんよりと
あわてて目に入った1番近くのカフェに駆け込んで。



e0108979_11304427.jpg



アメリカンハウスという名前のカフェ、
ここはゲストハウスでもあるみたい。
ちょうどお昼の時間をまわった頃で、お腹は空いていたものの
前回のアンコールワットを旅してから
食べるもの(場所?)を気にするようになってしまったワタシ。


e0108979_11382728.jpg


注文したのは、マンゴーとパッションフルーツのスムージー。
喉カラカラだったから美味しい!
本当なら氷なしで注文すべきなのですが
そのあたりは気にしないことにして。
同行者はハムチーズサンド、味は普通に美味しかったそう。


e0108979_11383169.jpg


ちなみにサンドイッチがRM6で、スムージーがRM14でした。
食べ終わる頃には雨も止んで、仕切りなおして町歩きです!






[PR]
# by abg-paris | 2016-08-14 13:11 | 2015/11 ペナン島