帰国&シドニー旅スケ

シドニー最終日は飛行機が朝便だったので、空港への移動のみ。
時差が1時間だと、返ってこういう点で不都合が生じちやいますね。
(夕方の便だと、日本着が夜中になってしまうから)

**********

イモウトとシドニーへ、自然と街を歩いた旅。
仕事中のムスメに会うこともできて、海と山と街を楽しむことができました。
何より、私の中のシドニー(オーストラリア)に対する先入観が
良い意味で裏切られたことがうれしい。
また訪ねたいと思う街、国がひとつ増えました。

e0108979_00260334.jpg
【シドニー旅スケ2014/07】
    
土 NRT夜発
日 SYD早朝着
  ロゼールマーケット、ルナパーク~ロックス
月 ポートスティーブンス・エコツアー
火 シティ~ワトソンベイ
水 ロックス、グリーブ
木 ブルーマウンテンズ計画
  ウェントワースへ
  ウェントワース山歩き
  ルーラ~カトゥーンバの宿
金 ブルーマウンテンズ山歩き
土 ビルズ~パディントンマーケット
  ボンダイビーチ、カフェシドニー
日 CYD朝発
  NRT夕方着
シドニーの宿


【お役立ちメモ】
ポケットWIFI  現地で借りて返却するWIFIレンタルサービス。
       オーストラリアはホテルのWIFI利用料金がとても高いので
       このレンタルサービスは助かりました。

IECエコツアー ポートスティーブンスはじめ日帰りから2泊3日のツアーあり。
       ブルーマウンテンズのトレッキングツアーも昨秋から始ったようです。




 

[PR]
by abg-paris | 2015-02-09 00:19 | 2014/07 シドニー

この旅ですっかりシドニーの海に魅せられたワタシとイモウト。
シドニー旅7日目後半は、急きょ予定を変更してビーチへ向かいました。
こんな時、タブレットは本当に便利もの。
何番のバスに乗るかも時間も、すぐに調べることができてしまう。
今ではワタシの旅にはなくてはならないものになりました。

**********

パディントンからバスに乗ってボンダイビーチへ。


バスを降りると、目の前に広がるボンダイビーチ。
ボンダイはアボリジニの言葉で“岩に砕ける波”という意味のとおり!


e0108979_13014541.jpg



白い波の合間にサーファーがいっぱい。
波がとっても良いらしい。

e0108979_00100800.jpg



街からほど近い海が、こんなに透明感があるなんて
日本では信じられないですね。
プールで泳ぐ人も!

e0108979_00185757.jpg
気持ちよさそう!
だけど6月のシフドニー、季節は冬です~



海岸に沿ってず~っと遊歩道が続いていて、ウォーキングする人もたくさん。
もちろんワタシたちも海を見下ろしながら歩きました。

e0108979_00291919.jpg




この後、バスに乗って再びワトソンベイの海を訪れ、
そして夕方、ムスメと待ち合わの場所へ。

移動はフェリーというのも、海岸線が入り組んでいるシドニーならではで
バスよりもうんと時間短縮。

e0108979_08220309.jpg
週末なのでヨットがいっぱい。




6月の冬休みに入ったばかりの週末、
サーキュラーキーに着くと大賑わい。

e0108979_00523461.jpg


フランス国旗♪ 

e0108979_00523832.jpg

フレンチフェア開催中でした。
シドニーでフランスに遇えるなんてラッキー♪
おいしいものが並んでいたけれど、夕食の予約を入れていたので我慢。




イモウトの提案で、シドニー最後の夜は想い出になるディナータイムを
予約したのはCafe Sydney


カフェシドニーはシーフードが美味しいお店。
そして何よりも、最高のシチュエーション!!
テラス席は寒そうなので、窓際の席を予約しておきました。


e0108979_08592255.jpg


夕暮れのハーバーブリッジを眺めながら乾杯、
SEAFOOD PLATTER、美味しかったです。



e0108979_09072272.jpg



**********



e0108979_09253609.jpg



[PR]
by abg-paris | 2015-02-07 10:25 | 2014/07 シドニー

シドニー旅7日目は土曜日で、朝ゴハン、マーケット、海、
そしてちょっとリッチな夜ゴハン・・・、欲張りな1日でした。

**********


土曜日の朝は、楽しみにしていたbillsで朝ゴハン。
せっかくなので、バスに乗ってダーリングハースト本店へ。



静かな住宅街の一角の
ベランダのアイアンレースが美しいテラスハウスの1階。

e0108979_23274787.jpg


ワタシは、コーンフリッター(コーン入りお好み焼き?)
イモウトとムスメは、リコッタチーズのパンケーキ。
画像↓だと小さく見えるけれど、特にパンケーキはかな~りボリューム大!

e0108979_23322865.jpg

世界一?かどうかはともかく、お洒落~な空間で
オージーに混ざって、地元の人気分で食事できて満足。





お腹がいっぱいになったところで、お散歩しながらパディントンマーケットへ。
この辺りはお洒落で個性的な人が多く住むエリアということで楽しみにしていました。



アイアンレースのテラスハウスが並んだ通りを抜けて

e0108979_15182577.jpg



9時半過ぎにはマーケットに到着。
毎週土曜日、ユニオン・チャーチの敷地で開催です。

e0108979_15262389.jpg


お店が準備中だったので、とりあえずぐるりとひと廻り。

e0108979_15124293.jpg


パディントンマーケットには古着や工芸品、アクセサリー、食品など
お店が250ほど立ち、教会の中や広場では軽食も売られていました。
焼きそばとか、盆栽、日本のものも人気みたい。

e0108979_12275309.jpg



買い物したチョコレートのお店で「写真とっていいですか?」と尋ねると
ポーズをとってくれた陽気なおじさま、サンキューでした。
フレンドリーな方が多いです♪

e0108979_12332436.jpg


ワタシとムスメがマーケットのお買い物に夢中になっている時、
すっかり退屈してしまった人がひとり。(=イモウト)
それで、この後お洒落なお店が点在するというオックスフォード通りを
シティーに向かって歩く予定を変更。
この旅のテーマ“自然を歩く”を優先、
海を見にバスに乗って、ボンダイビーチへ♪




[PR]
by abg-paris | 2015-02-05 12:43 | 2014/07 シドニー

シドニーの宿

ブルーマウンテンズからシドニーに戻って、旅は終盤。
ホテルも別の場所に移動しました。

************


前半はセントラル駅近くのアパートメントホテル、メリトンアパートメントホテル
ブルーマウンテンズに出かけるのが早朝だったので、セントラル駅至近という立地を優先♪


部屋はスタジオ、39㎡。
キッチン、ランドリーはもちろん、生活するには充分の設備で快適!

e0108979_13481190.jpg


今までいろんなアパートメントホテルに泊まったけれど
キッチンや洗濯の洗剤まで完備しているところは初めだったかも。
外出から戻ると、使用したグラスや皿もちゃんと洗って
片付けてくれているというサービスがうれしい。

e0108979_13480725.jpg




後半はタウンホールのメトロホテルオンピット
ムスメも一緒に泊まることができるように、トリプルルームを探していたところ
運よくホテルサイトで見つけた特別プラン♪


ダブルルームにシングルルームがつながったエグゼクティブデラックスルーム。

e0108979_13482195.jpg

3人だと充分なスペース、各部屋にサニタリールームがあるのは女子には◎。
すぐ近くに大きなスーパー、ウールワースがあってお買いものにも便利。

e0108979_13481631.jpg





いつも宿選びは、プランニングで最も時間を費やすところ。
限られた予算でいかに満足度の良い部屋を見つけるか、つい夢中で探してしまう。
星や口コミ評価が高くても、ホテルのどの部屋に泊まるかがポイントだと思う。
星の数が多いホテルの下カテゴリーの部屋よりも、
星の数は1つ少なくても、1番上のカテゴリーの部屋の方が居心地がいいことが多い、と思います。

ホテルに直接申し込むことが多いですが
直前までキャンセル料がかからないのが魅力で、今回はブッキングコムを利用しました。
今回、予約後に何度かキャンセル→再予約を繰り返しましたが、きっちりと対応されて気持ちよかったです。
ただ、飛行機とホテルが決まると大安心してしまって、肝心のプランニングが後回しになるのは反省です。




[PR]
by abg-paris | 2015-01-29 23:15 | 2014/07 シドニー

ダイナミックな山並みと奇岩が連なる絶景、世界遺産ブルーマウンテンズ国立公園。
2日目はエコーポイントからシーニックワールドまで歩きました。


**********

B&Bで目覚めたのは5時半。せっかく早起きしたので
日の出を見ようとエコーポイントまで真っ暗の中、朝散歩。



スリーシスターズの後ろから太陽が昇り始めました。

e0108979_10570189.jpg


朝日が当たって輝いているのは大分水嶺山脈。
地形の変化によって山脈同士がぶつかったものが3500キロ以上続いているのだそう。
風が強くて凍えそうなのにもかかわらず、見飽きることのない風景でした。

e0108979_10570520.jpg



さて、一旦宿に戻って朝食を食べてからチェックアウト、
再びエコーポイントから本日のブッシュウォークスタートです。

**********


まずはスリーシスターズの左側に架かる橋を目指します。

e0108979_11255353.jpg


歩き始めて間もなく、急な階段ジャイアント・ステオウェイの始まり。
昨日のウェントワースと同じく、山の上から谷底へ歩くのです。

e0108979_12025494.jpg



階段の途中に、スリーシスターズに渡る橋が。
エコーポイントからわずか十数分!

e0108979_12024783.jpg

もちろん、橋を渡って向こうへ行くのですが、
恐い、とても恐い。
風が強くて、柵につかまらないと真っ直ぐに歩けないくらい。
風がなくても、足元の隙間から谷底が見えるというのは大恐怖。
子供や華奢な人だったら、飛ばされてしまうに違いないです。

スリーシスターズから眺めるジャスミンバレー渓谷。

e0108979_11511959.jpg

その後、階段の続きを降りていくのですが、この階段がすごかった。
300メートルの断崖絶壁を真下に降りる感じ、900段近くあるとか。
決して、登りたくないですね。
もちろん、すれ違う人はいませんでした。

e0108979_11583936.jpg


谷底まで降りると、しばらく森の中を歩きます。
道は平坦だけど、展望は望めず・・・
遠くにスリーシスターズが見える場所まで来ると、間もなくトロッコ列車の乗り場。

e0108979_12155379.jpg

もちろん、階段を上って戻ることもできるけれど
とんでもない!トロッコ列車に乗りました。
上にはシーニックワールドがあるので、ゴンドラもあって
手軽に行き来できるようになっているのです。

e0108979_12233599.jpg
このトロッコ列車、旧炭坑用の線路を利用したもので
最大傾斜が50度以上、世界一の急角度だそう。
わずか数分で山の上へ。
ワタシたちは登りを利用したけれど、下りはスリルあるのでしょうね。




Echo Point to Scenic World via Giant Stairway bushwalking track カマレコ
Time:3hrs、Length:3.1km、Climb:280m、Style:One way、Track: Hard
e0108979_14182454.jpg



[PR]
by abg-paris | 2015-01-23 00:33 | 2014/07 シドニー

ウェントワースフォールのブッシュウォーキングを終えた後
バスに乗って、隣町のルーラへ。
ほんとに小さな田舎町で、メインの通りといっても
200メートルほどの間にカフェやお店が並んでいるくらい。
赤い扉が目印のカフェでお昼ゴハンしました。

午後になると風が強くなって、ますます寒くなり
疲れも出てきたので、この日の宿へ向かいました。

************



カトゥーンバの宿に荷物を置いて、ひと休みした後
翌日の下見にエコーポイントまで行ってみることに。
疲れていたはずなのに歩きたくなる、おもしろいですね。

エコーポイントはブルーマウンテンズが見渡せる展望台。
3つ並んだ大きな岩が、シンボルのスリーシスターズです。

e0108979_19370516.jpg


周りはどこまでも続くユーカリの樹海、
怖くなるくらい壮大!
ちょうど日没の時間、夕日に照らされて美しい~

e0108979_18014376.jpg

明日ココを歩きます♪
今日はゆっくり休みますね。




************


宿はカトゥーンバのB&B、LIRLINE HOUSE
駅とエコーポイントの間にあって、どちらからも徒歩圏内。
ただ駅からは1.5キロ、エコーポイントまでは1キロと微妙な距離で
まぁ、バスに乗ることもできたのだけど、疲れていたし
寒かったし、アップダウンのある道は少々きつかった。


B&Bは決して豪華ではないけれど、清潔でアットホーム。

e0108979_13093259.jpg


部屋は天蓋付きの四柱式ベッドと

e0108979_17162375.jpg


山歩きの疲れがとれるように
スパ付きのお風呂のあるデラックスルーム。
広くてゆったり。

e0108979_17041638.jpg



そして、美味しい朝ゴハン♪
食べたいものをリクエストできるので、フルイングリッシュブレックファーストを。

e0108979_18492162.jpg



窓の外には白いオウムが飛んできてました。
餌付けされているのかな?

e0108979_18492720.jpg



[PR]
by abg-paris | 2015-01-20 12:30 | 2014/07 シドニー

ウェントワース山歩き②

2014年6月、シドニーから出かけたブルーマウンテンズのウェントワースフォール。
300メートル以上の崖が続くナショナルパスをブッシュウォーク。
断崖の上からスタートして、急勾配の階段を降りた後
崖の側面を歩いて、再び登るというアップダインのあるコースを
山ガールのイモウトと、山歩きは12年以上ぶりのワタシが歩きました。



e0108979_12141905.jpg


************


ピクニックエリアをスタートして、間もなく最初の展望台。
目の前に広がる森林に覆われた渓谷、
この渓谷の中をこれから歩くのです。
広くて、美しい~・・・感動!


e0108979_12271697.jpg



ただ、ワタシとイモウト以外には誰もいなくて
もしこの樹海で遭難したら、と不安がよぎったけれど

e0108979_23163540.jpg
さすがにブッシュウォークが充実しているオーストラリア、
コースは整備されていて歩きやすく、案内のサインもわかりやすかったです。





コースにはWentworth Fallsという名の通り、いくつも滝があって

e0108979_13245668.jpg



滝の裏側を通り抜けたり
(水しぶき↓、わかるでしょうか?)

e0108979_00360536.jpg




滝の途中を渡ったりも。

e0108979_13085425.jpg


展望台から見えた滝を、横断♪

e0108979_13225831.jpg



ぬかるんでいるところもあるから、要注意です。

e0108979_18111222.jpg






1番楽しみにしていたポイントは、この先を進んだところ。

e0108979_23504765.jpg



まるで中に浮いているみたい、でしょ?

e0108979_23535697.jpg
ワタシは高所恐怖症ではないけれど
手すりがなかったら、とても怖くて立ってなんていられない。
ちょうど鳥の影が写って。




そしてこの先は、グランドステアウェイと呼ばれる細い階段。

e0108979_00254217.jpg
画像ではわかりにくいけれど、切り立った崖の側面にへばりいているみたいな階段で
45度くらいの急傾斜! ジグザグと下へ下へ。



この日は最高気温が7度、風も強くて体感温度はもっと低かったはずで
写真を撮るのに、その都度手袋を外すのが辛かった。
何より、カメラを落とさないかと心配で。
(過去に旅先で海に落としたことが2回あるもので・・・)




サンドストーンの崖に沿って歩きます。

e0108979_00513358.jpg
山肌が間近過ぎてカメラに収まりきらない、大迫力。



柵がない箇所もあって、スリルありますね。

e0108979_00594962.jpg



崖の中腹を歩いているので、空が遠くて。
真上を見上げると、青空が見えてうれしい。

e0108979_01005957.jpg




1/2ポイント。

e0108979_01023787.jpg




最後はまた登り道で大変なのだけど
バスの時間が気になって、疲れたなんて言ってられません。
乗り損なったら、次のバスを2時間待たなくてはいけないから。


最後の展望台、スケールが大きい!


e0108979_01111440.jpg
どこをどう歩いたのかわからないけれど
この深い渓谷を歩いたのよね、と思うと感動です。
そうそう、今日歩き始めてからこの場所で初めて人に会いました。




ゴール地点のレストハウス。
カフェもありました。

e0108979_01154429.jpg


バスで今晩の宿があるカトゥーンバヘ向かいますが
途中の町ルーラに寄り道します。





Time:3hrs、Length:3.6 km、Climb:739 m、Style:One way、Track: Hard
e0108979_13512171.jpg





[PR]
by abg-paris | 2015-01-18 01:46 | 2014/07 シドニー

ウェントワース山歩き①

シドニーから列車に乗って、1泊でブルーマウンテンズへ。
早朝ホテルにスーツケースを預けて、セントラル駅6時21分発の列車で出発♪
チケットはMy Multi3の1週間券が使えます。
Bluemountains line Timetable

************


掲示板で下車駅を確認して、2階席へ。
ほぼ貸切~!
1つ失敗したのは、朝ゴハンを駅で調達するつもりだったけれど
お店が開いてなかったり食べたいものがなくて、買えなかったこと。

e0108979_1224068.jpg



とりあえず、黒豆せんべい(ワタシの旅の必需品)をボリボリ。
重たい荷物は、山慣れしているイモウトのマムートの中。

e0108979_123315.jpg



乗ってくる人の服装を見て、行く先の寒さに不安になりながらも
8時10分ウェントワースフォール駅に到着しました。

e0108979_23135240.jpg



駅前の小さなお店でパンを買って、タクシーでブッシュウォーク出発地点へ。

e0108979_23135724.jpg


駅からはバスに乗るつもりだったけれど、1番早いバスが9時過ぎにしかなくて
駅前にタクシーが止まっていることを知って、出発時間も早くすることができました。
(駅~ウェントワースフォールピクニックエリアまで10ドル弱)




ブッシュウォークのコースは充実していて(National Parks、Bushwalking Tracksなど)
すごく迷ったけれど、今回歩くのはNational pass♪
ピクニックエリアでトイレを済ませて身づくろい。
覚悟はしていたけれど寒くって、手袋と毛糸の帽子、そしてカイロも貼って準備完了♪
眼下に広がるユーカリの樹海へgo!



************

e0108979_123367.jpg


[PR]
by abg-paris | 2014-09-12 12:02 | 2014/07 シドニー

最初は、シドニーから日帰りでどこか行こうと調べ出して
ツアーに参加すれば簡単だけど、できれば自力で行きたいねって
行き先は、電車で2時間で行くことができるブルーマウインテンズに決めました。

e0108979_1043726.jpg


ブッシュウォークのコースがあることを知って
ワタシにでも歩けるかしらと、興味を持ち始めて調べているうちに
滝の途中を歩いたり

e0108979_10244373.jpg



断崖の淵を歩いたりするおもしろそうなコースがあることを知って

e0108979_1037040.jpg



ますます行ってみたいと思うものの、車がなくても大丈夫?
スリーシスターズにかかっている橋って誰でも行くことできるの?

e0108979_10111855.jpg


何より、山ガールのイモウトはともかく、私でも歩けるかしら?
冬山で遭難したらどうしよう・・・、わからないことだらけで心配や不安がたくさん。

e0108979_102543100.jpg


それでも、行きたいという気持ちが強いと怖いもの知らず!
しっかり下調べすれば大丈夫!って、1泊2日ブルーマウンテンズへgo♪




[PR]
by abg-paris | 2014-09-05 10:48 | 2014/07 シドニー

シティ歩き*グリーブ

シドニー滞在4日目、とても暖かい1日で朝からコートは必要ないくらい。
観光やお買い物には興味がないふたり、歩くのが気持ちよくてシティのあちこち街歩き。

************


初日にハーバーブリッジを歩いた時に
見えた場所へ行きたいというイモウトリクエスト♪


対岸のミルソンポイントのハーバーブリッジのたもと、
ブラッドフィールド・パーク。
日曜日、オペラハウスをバックにウェディングフォトの
撮影をしていたところ。

e0108979_2110386.jpg

近くで見ると普通の橋なのだけれど、シドニーの空と海に映えて
いろんな角度から見てみたくなるハーバーブリッジ。



では、「反対側からも見てみよう」と、ロックスへ♪

e0108979_21201355.jpg


賑やかな週末とは違って静かな平日。

e0108979_20582565.jpg



今日のランチのお店は決まっていたのに、どうしても食べたいって
人気のパンケーキオンザロックスで、焼きバナナの乗ったパンケーキを。

e0108979_2191478.jpg




uggで買い物したりした後、向かったのはFBでトモダチのカフェ。
ランチした後は、教えてもらったお勧めのウォーキングコースへ♪


アイアンレースが美しい家が並ぶ閑静な住宅街、グリーブ。

e0108979_12361874.jpg



坂道を下って、海沿いをシドニータワーを眺めながら歩きました。

e0108979_12371144.jpg




途中ハプニングがあってどうなることかと思ったけれど
チャイナタウンのマーケットやダーリングハーバーの夜景を楽しんで、4日目終了。



************

e0108979_1313264.jpg




[PR]
by abg-paris | 2014-09-02 13:17 | 2014/07 シドニー