カテゴリ:2014/03 メルボルン( 7 )

クアラルンプール街歩き

復路のクアラルンプールでの乗り継ぎ時間は、3時間半あったのに
メルボルン出発が4時間以上遅れ、乗り継ぎ便には間に合わず。
急きょクアラルンプールで1泊して、翌日の同じ時間の便で帰ることになりました。



マレーシア航空で用意してくれたホテルへ。
ワタシの旅はプチホテルやシャンブルドットに泊まることが多いので
こんなに大きくて立派な宿は久しぶり、たまには良いものです!

e0108979_1139226.jpg




翌日は街中へ出かけることにしました。
中心部までホテルの送迎サービスを利用して、マスジッド・ジャメへ。
入り口でケープを借りてプチムスリム体験です。

e0108979_1253857.jpg




セントラルマーケットは地元の人向けの生鮮市場と思っていたら
観光客向けのお土産物のお店が集まった場所でした。

e0108979_1243326.jpg



同行者が興味を持ったのは、フィッシュスパ。
魚(ドクターフィッシュ)が泳いでいる水槽に足を入れると
集団になって寄ってきて、足をパクパクしてくれる。
角質を食べてくれて、足がつるつるになるというけど本当なの?
くすぐったいらしく笑いを凝られるのを、周りの皆で見て盛り上がる。

e0108979_12562035.jpg




市場のフードコートでランチして、ブキッ・ビンタンへ足を延ばします。
距離的には徒歩圏内ですが、暑さには強いワタシでさえ暑くて辛かった。
歩いては冷たいものを飲んで、休んで飲んで・・・

e0108979_9103365.jpg


中華を中心にマレーやタイ料理などの屋台もあって、夜は賑わうのでしょう。
庶民的な屋台街があるかと思えば、近代的なショッピングセンターには
一流ブランドショップが並んで、クアラルンプールはお買いもの天国!




夜はスリアKLCCでマレーシアゴハン、Nasi Bojari。
お味はおいしかったけれど、メニューの写真とちょっと違うんじゃない?

e0108979_954448.jpg





マレーシアのシンボル、ペトロナスツインタワー。
どこかで見たような形と思ったら、マレーシアのモスクに似せたイスラム様式。
高いです~

e0108979_921930.jpg


ところで、画像がくすんでいるでしょう?
クアラルンプールでずっと気になっていたのは、このガス。
お天気は良いのに、少し先の上空はこの状態で霞んで見えない。
マスク姿の人も多く、街角にはマスクを売る人も。

建築ラッシュのマレーシア、排気ガスやほこり、
インドネシアの森林火災による煙害など大気汚染問題は深刻。
空気が澄んで美しい街に再訪したいものです。



[PR]
by abg-paris | 2014-04-01 17:24 | 2014/03 メルボルン

メルボルン街歩き

滞在5日目と最終日の午後までは、トラムにも乗って
マーケット、アーケード、レーンウェイ、カフェ・・・、効率よくメルボルンの街中歩き。



マーケットの中のカフェで朝ゴハン。
今日のお勧め、スペシャルメニューとフレッシュジュース。

e0108979_19464260.jpg



翌日は和食の朝ゴハンもいいかもって、1番のりでゆずカフェへ。
ナプキンの上にお皿と箸というセッティングが新鮮。
米は選べたので、お粥=Japanese Porridgeにしました。
お粥というより、汁気の少ないお茶漬けみたい、な感じ。

e0108979_20363335.jpg
Yuzu Cafe & Cuisine
Rear 480 Collins St | via. Church Lane, Melbourne, Victoria 3000




南半球最大といわれるクィーンヴィクトリアマーケットへ。
野菜や果物、肉、魚、デリ、生活雑貨、お土産・・・
庶民的で、とにかく広い。何でもあるのでブラブラ歩くと掘り出し物が見つかるかも!
この後行ったサウスメルボルンマーケットは、これよりもっと小規模でした。

e0108979_211038.jpg




移動には、広い通りを走るトラム=路面電車に乗って。
東西と南北、碁盤の目に道路が走っているから、歩きやすい街です。
アーケードと呼ばれるクラシカルな屋根付きの小道や

e0108979_20976.jpg



小粋なカフェやレストラン、お店が並ぶ路地がいくつもあって
独特の雰囲気は、ヨーロッパのどこかの街に迷い込んだみたい。
いたるところにオープンカフェがあて、「カフェの街」と言われるのも納得。

e0108979_20195358.jpg




面白いレーンを見つけました。落書きだらけの路地。

e0108979_9421852.jpg


ひとり歩きするのはちょっと怖いかも、でもこれは序の口で
通りの両側の建物の壁面全てがご覧の通り。うわぁ、不気味~

e0108979_9495259.jpg


これらは落書きではなくて、メルボルン市が行っているストリートアートのひとつなのだとか。
面白いとは思うものの、見た後の気持ちが良いものではない、かな。

e0108979_9533140.jpg




ショッピングセンターをハシゴ途中に大きなオブジェに出くわしたり、
大きな中華街もあるし、フィッツロイ公園のキャプテンクックの家を訪ねたり
街歩きが楽しいメルボルンです。

e0108979_10162436.jpg





最後の夜は、セントキルダーのMisuzu'sへ。
メニューはもちろんお店のインテリアも、オージーのオーナーさんが
強いこだわりを持っていらっしゃるのだそう。
3人でいろいろ注文して、ちょこっとずつ味見し合いっこ。

e0108979_10511975.jpg
Misuzu's
3/7 Victoria Ave, Melbourne, Victoria 3206



[PR]
by abg-paris | 2014-03-31 10:54 | 2014/03 メルボルン

月曜日はヴィクトリア州ではLABOUR DAYという祝日で
日帰りのバスツアーに参加しました。夜はメルボルンのお祭りへ。



グレートオーシャンロードツアーに参加しました。
海沿いの美しいポイントに数ヶ所下車、モーニングティーを飲んだりして

e0108979_9172681.jpg



コアラの森に到着。野生のコアラ、全く動かないの。
朝から暑い日で、野生のカンガルーは見ることができなくて残念。

e0108979_912474.jpg



オタウェイ温帯雨林を散歩。
日本語が堪能過ぎるおしゃべりな、ガイドのMr.ジョン。

e0108979_923826.jpg




延々と続くとても美しい湾岸線。

e0108979_21595935.jpg



風に削られた岩が並ぶ12使徒(Twelve Apostles)

e0108979_2214140.jpg




ロックアード・コ―ジは、ジブリの映画「虹の豚」の
主人公ポルコのアジトのモデルと言われているのだそう。

e0108979_23422220.jpg


海岸線が複雑に入り組んでいて、本当に秘密の島みたい。

e0108979_23423689.jpg




夜、メルボルンの街に戻ると、Moombaという市民祭りをやっていて
移動遊園地や屋台、水上スキー、花火・・・、大盛り上がりで
結局ホテルに戻ったのは夜中でした。




[PR]
by abg-paris | 2014-03-27 23:53 | 2014/03 メルボルン

日曜日

日曜日はマーケットへ。
そして、ムスメがお世話になっている方々にお会いするというハードスケジュールの1日でした。



おもしろいマーケットがあると聞いて、キャンバーウェルのサンデー・マーケットへ。

e0108979_1027710.jpg


広場いっぱいに、洋服、アクセサリー、家具、本、骨董品、ハンドメイド、おもちゃ・・・
バラエティー豊かに並ぶ青空マーケットです。
とにかく物価が高いオーストラリア、フリマが賑わうのもわかります。

e0108979_101701.jpg




その後、手作り品・クラフトのお店が並ぶセントキルダのマーケットへ。

e0108979_10435281.jpg



海沿いの通り、海風が吹くもののじりじりと暑~くて。
ムスメが買ったのは、ビンテージリボンが付いたフレンチスタイルの麦わら帽子。

e0108979_10451016.jpg




遊園地ルナパークにも寄り道。この大きな口が入り口!

e0108979_10474452.jpg




ランチは、お世話になっている会社のファミリーと一緒に
ブライトンの海の近くの、カジュアルなお店で。
初めましてでも、こういう開放的で明るいお店だと、緊張感が和らいでいいですね。

e0108979_1055221.jpg





その後、ホストマザーに午後のお茶にお誘いいただいて。

e0108979_1124244.jpg


とてもきれい好きでセンスがいいと聞いてはいたけれど、本当に素敵なお宅でした。
ガーデンテーブルで、冷たいフレーバーティと果物、ケーキなど
いただきながらお話できて良かった。
皆さんに家族のようにかわいがってもらって、幸せなムスメです。




夜はトゥーラックにある和食レストラン、オリタズへ。
仕事の取引先でもあって、こちらで食事したいと案内してくれました。
オーナー&シェフ折田さんお勧めのワイン、前菜の刺身盛り合わせ(醤油でね)も
オーストラリアで1番おいしいと折田さん自ら捜し求めたメインのビーフは
最高においしかったです♪

揚げせん?の上にポテトサラダ(まさに日本の味!)が乗っていたり
ゴハンはチャーハンだったりするのは海外ならでは。
ステーキの上にパスニック(人参)の天ぷらが添えられていたのは
シェフの特別サービスだったそう。
ランチから食べ続けだったけれど、完食!
お土産にオリジナルワインまでいただいて、本当にご馳走様でした。

e0108979_11343997.jpg
Orita`s Japanese Fusion Cuisine
34 Jackson St Toorak 3142



[PR]
by abg-paris | 2014-03-26 00:44 | 2014/03 メルボルン

モーニントン

土曜日はメルボルン市内の予定を、出かける間際になって変更、
メルボルンから南南東のモーニントン半島へ向かってドライブしました。



まずはカフェで遅めの朝ゴハンして、ムスメの車(レンタカー)で出発。

e0108979_10535328.jpg




フランクストンという町まで行って、地図や情報を手に入れて

e0108979_8232668.jpg




モーニントンへ。

e0108979_17481044.jpg



海辺に並ぶカラフルな小さな小屋がかわいい。
砂が細かくて裸足で歩くと気持ちいいの。

e0108979_8252331.jpg



ちょうど月1のファーマーズマーケットの日。
爽やかとはいえ暑い夏、とうきびのジュースがおいしかった。

e0108979_175557100.jpg




モーニントン半島にはワイナリーやガーデンも点在。

e0108979_1823327.jpg



ストロベリーファームのアイスクリーム。

e0108979_201907.jpg



[PR]
by abg-paris | 2014-03-24 20:32 | 2014/03 メルボルン

サウスヤラ

到着の朝ホテルにチェックインした後、プラーン~サウスヤラを散策、
その後、セントラルをトラムで1周してメルボルンの街を下見しました。



洗練された街という印象、どのお家もヴィクトリアン調のベランダが美しい。

e0108979_9455667.jpg




まず向かったのはメルボルンの主なマーケットの1つ、プラーンマーケット。

e0108979_1084613.jpg


こじんまりとしているけれどオーガニック食品も充実していて
旅中にいくつか行ったマーケットの中で、ここが1番センス良かった。

e0108979_1047591.jpg


雑貨屋さんや、ひと休みできるカフェがあるのはうれしいね。
OGビーフおいしそう!肉はガラス越しに並んでいて清潔。

e0108979_1103445.jpg




それから、王位植物園の中のカフェでランチして、の~んびり散歩した後
トラムでセントラルを1周、途中セントパトリック教会へ。

e0108979_1143523.jpg




メルボルンはガーデンシティと言われるくらい公園が多くて緑豊かです。
同時にカフェの街といも言われ、いたるところにカフェが♪
路地もオープンカフェになっていて良い雰囲気。

e0108979_11154439.jpg




1番人気と言われるカフェ、ブラザー・ババブダンへ。
想像していたよりうんと小さなお店、
天井からぶら下がっているたくさんのアンティークチェア。
ラッキーなことにちょうど席が2つ空いていました。
ワタシはカフェ・ラ・テ。ガラスのグラスで出てくるのね。
日本で飲むラ・テとは全く違う、飲んだ後口の中に残る味がおいしい。
同行者は今日のコーヒー、豆の説明のカードが添えられて。

e0108979_11342217.jpg
BROTHER BABA BUDAN
359 Little Bourke St, Melbourne VIC 3000



e0108979_11541128.jpg





セントラルから一度ホテルに戻って、ムスメと合流して夕食に出かけました。
中東料理?のお店を見つけて、お勧めのコースを注文。
おいしかったけれど、ワタシたち家族にはボリュームが多かった。
あと、マトンはやっぱり苦手。

e0108979_1265631.jpg





[PR]
by abg-paris | 2014-03-19 18:25 | 2014/03 メルボルン

メルボルンへ

初めての南半球!オーストラリアのメルボルンへ。
仕事で滞在しているムスメに会いに行く旅です。
直行便がないので乗り継ぐことになりますが
時間、費用などを考えてクアラルンプール経由で5泊8日の旅、の予定でしたが
復便のメルボルン発の便の出発が遅れ、乗り継ぎ便に間に合わず
クアラルンプールで1泊することになって、6泊9日の旅になりました。



ね、南半球でしょ?当たり前だけれど影は反対にできる。
季節も反対で、3月は夏が終わる頃です。

e0108979_17262370.jpg



旅の始まりは、黄色い建物フリンダース・ストリート駅から。
到着の朝、まずは宿へ向かうことに。

e0108979_1726355.jpg



セントラルからメトロで10分ほど、サウスヤラにあるホテル。
19世紀の邸宅を利用した素敵な建物でした。
ムスメがいつでも一緒に泊まれるようにトリプルルーム。

e0108979_105452.jpg




[PR]
by abg-paris | 2014-03-17 18:08 | 2014/03 メルボルン