パリ最終日、飛行機は夜便なので、荷造りしてチェックアウトした後
メルスリーへ行って、パサージュ歩き。そして、最後に買い物も忘れずに。


e0108979_1631293.jpg




今回滞在したアパートメントホテル。
メゾネットタイプで1階にキッチンとダイニング、ソファーベッドが2つのリビングルーム。
螺旋式の階段を上ると、ベッドルームとバスルーム、トイレの4人部屋でした。

部屋の写真を撮るのをすっかり忘れていて、荷造り中に余裕のFちゃんが撮ってくれました。
散らかっているところはどうぞ気にしないで。


e0108979_16171585.jpg



もしかしたら重量オーバーかも・・・という予想通り、スーツケースは4キロ超過で
空港で荷物整理することになったけれど、全てのものを持って帰ることができました。
例年に反して暖冬だったらしいパリ、その間日本は大雪に見舞われ
雪の日の合間に無事帰国したのでした。
女子会の旅は、続く・・・?
[PR]
by abg-paris | 2014-03-09 19:29 | 2014 PARIS2月

旅も終わりに近づくと、お土産など気になってくるところ。
7日目月曜日はサンジェルマン・デ・プレを散策の後、ボンマルシェへ
そしてモンマルトルの生地街でお買いもの。



e0108979_21243232.jpg




夜食は、平日だから予約していなくても大丈夫よねと、リベンジのお店へ。
19時過ぎ、1番乗り~っと到着するも
「オープンは20時だから、後で来て。」
そう、ディネの時間は19時半とか20時からが普通、始まりは遅いのです。

そして20時に再訪したのだけれど、なんと予約でいっぱいと断わられ・・・
え~、だったらさっき言ってくれればいいのに。と日本語で愚痴るワタシに
「すぐ近くのここへ」と、もらったカードのお店へ行ってみました。

e0108979_1151825.jpg


ア・ラ・カルトから前菜2品、主菜2品を選んでシェア。
やっぱりビールを注文したトモダチだけど、「ない」と言われて赤ワインね。
お店の女の娘があまりにも愛想がなくてカチンときちゃったけれど
お料理はどれもおいしかったから、・・・許そう。
(態度悪い~っとやはり日本語で愚痴ったワタシの言葉が通じたのか
後半は女の娘がにわかに愛想良くなったのは確かです。)

e0108979_1117927.jpg

Le Potager du Père Thierry
16 rue Trois Frères 75018 Paris

満席で結局入れなかったお店とは姉妹店のようで、メニューもほぼ同じ。
もし、訪ねるなら予約要ですから♪

Le Jardin d'en face
29 Rue des 3 Frères 75018 Paris




[PR]
by abg-paris | 2014-03-07 12:36 | 2014 PARIS2月

日曜日の午後

トモダチと待ち合わせは午後1時、場所はソルフェリーノ橋の上の真ん中♪
無事合流してランチの後、オランジェリー美術館~マドレーヌ~オペラ、
そして教会のオルガンコンサート・・・と、まだまだ長~い日曜日です。



コンコルド広場のメリーゴーランド。

e0108979_19555760.jpg



オペラ、サン・トゥスタッシュ教会、マドレーヌ寺院。

e0108979_207254.jpg



毎日曜日の夕方、5時半から開かれるミサ前のパイプオルガンコンサート
迫力あるオルガンの音色、でも睡魔に負けてしまった。

e0108979_20225432.jpg



この日はさすがに3人とも疲れてしまって、夜食は部屋で。
すっかり行きつけとなった宿近くの小さなスーパーで買い物して
部屋食の担当のNちゃんが手際よく用意してくれました。
おいしそう~!飲み物はやっぱりビールです。
パリなのに・・・(と、しつこく言うワタシ)

e0108979_20291414.jpg




[PR]
by abg-paris | 2014-03-05 06:08 | 2014 PARIS2月

日曜日のひとり散策の続きは、バスティーユのパサージュ巡り。
パリで唯一の職人の地区には、魅力的な小道がたくさん。



パサージュの入り口、グリーンの扉が閉まっていたら気づかなかったかも。
「男の通り道」という名前のパサージュ。

e0108979_20353717.jpg



ひと気が全くなくてドキドキしながら扉をくぐると、「わっ!素敵~」
(逆行で画像が良くないけれど)静かで落ち着いた石畳の抜け道。
家具屋やアトリエは、日曜日だからお休み。

e0108979_2054388.jpg



「白馬の抜け道」とか、「美しい空気の中庭」「3人兄弟の中庭」「作業場の通り道」・・・
想像を駆り立てる名前のついた小道がたくさんあって
迷いながら小道の入り口を探すのも楽しかったです♪

e0108979_218852.jpg




そして小さな村へ。
ここはパリ20区、今はもう使われなくなった教会。

e0108979_21494344.jpg



すれ違う人もどこかのんびりとしていて、ノスタルジーが漂う。

e0108979_2155045.jpg



気持ちはのんびりでも、気がつくと小走り。
トモダチとの合流時間までに、もうひとつブロカント市に寄って
思いがけず、お目当て以上のものを見っけ♪

e0108979_2231186.jpg





[PR]
by abg-paris | 2014-03-03 08:13 | 2014 PARIS2月

日曜日のひとり歩き

パリは初めてのFちゃんと2度目のNちゃんとは、ワタシだけ別行動したのは
ふたりがルーヴル美術館へ行った時と、日曜日の午前中。
日曜の早朝、ヴェルサイユ宮殿へ出かけるふたりを見送って
パリの日の出時刻よりも1時間早く、ワタシも出発♪
待ち合わせの午後1時まで、ダッシュのハシゴです。



最初に向かったのはヴァンブの市。
前日は雨上がりで、紙系の探し物が見つからなかったからリベンジ。
お陰でと~っても素敵なのものに出会えてラッキー♪

e0108979_1691441.jpg



カフェボールのお店mikoさんに昨日のお礼を伝えて、次の場所へ。
ダリーグルのマルシェで会った、とってもかわいいコ。

e0108979_1628114.jpg


お買いもの中のパパとママを待っているおりこうさん。
と思ったら、あれれっ、ワタシのところに来ちゃう~!

e0108979_16322042.jpg


ワンコとは相性の良いワタシで、お買いものを終えたこのコのママが
2ショット写真を撮ってくれて♪ メルシー!(FBにて公開)


e0108979_16445961.jpg



ひとり歩きは、バスティーユの路地裏散策へ。



[PR]
by abg-paris | 2014-03-01 23:24 | 2014 PARIS2月

シテ島の夕方

パリの真ん中シテ島から、夜のオテル・ド・ヴィルへ。
ノートル・ダム寺院を訪れるなら、夕方がお勧め。
夕日に照らされて輝く姿は美しい。
観光シーズン中なら当たり前の、入場の長い列も見当たらず。



ステンドグラスとシャンデリアの光、惹きこまれそう。

e0108979_91839100.jpg



13世紀のそのままで残る北のバラ窓、
聖母マリアの周りに旧約聖書の人物が配されて。

e0108979_9134116.jpg



ノートル・ダムの怪獣キマイラを見上げると、空には月!

e0108979_9221153.jpg



夜空にうっとりしていたら、あっという間に暗くなって突然の通り雨。
雨宿りの軒下で、隣の恋人同士のカレが指差した先には、虹♪
幸せをおすそ分けしてもらったよう。

e0108979_9405883.jpg



夜空の下、ライトアップされた市庁舎の前にオープンするスケートリンク。
楽しむ人のシルエットが、まるでおとぎの世界のようね。

e0108979_9333482.jpg




e0108979_9531497.jpg




[PR]
by abg-paris | 2014-02-28 14:03 | 2014 PARIS2月

蚤の市ハシゴ

土曜日の早朝、目が覚めると雨で、ヴァンブへ行く予定をどうしよう、
行く行かない・・・と迷っているうちに止んだので、出かけることに。
その後11時半にはクリニャンクールでパリ通のAさんと待ち合わせ。



トランプおじさんたち(勝手にワタシが呼んでいる)、相変わらず仲良しで楽しそう。

e0108979_0154649.jpg


短時間にもかかわらず、3人ともお気に入りを見っけ♪
出会う時には出会っちゃうものなのね。



ヴァンブとクリニャンクールの両方を1日でハシゴするのは初めて。
ヴァンブからT3でPorte d'Orléansへ、そしてメトロ4号線で移動。
Aさんとの待ち合わせは、このお店の前。

e0108979_23501487.jpg



Aさん行きつけのお店に連れて行ってもらってランチして♪
お店も紹介してもらって、とっても楽しくて嬉しい時間でした。
Aさん、どうもありがとう~!

e0108979_0271774.jpg




[PR]
by abg-paris | 2014-02-27 09:58 | 2014 PARIS2月

宿はアパートメントホテルだったので、キッチンがついていて
お料理をするまではないけれど、チーズやパン、スープ、お惣菜を買って
部屋で食べることが多かったですが、「今日は外ゴハンしよう!」の金曜日。



モンマルトルはバケットコンクールで優勝したお店が何店もあって
おいしいパン屋さんの激戦区。
アベス駅近くのパン屋さんで朝ゴハン。

e0108979_2335324.jpg
Coquelicot
24 Rue des Abbesses 75018 Paris


フランスの朝ゴハンはとってもシンプル。
パンとジャム、温かい飲み物(ワタシはカフェ・オ・レ)、これだけ。
パンはバケットでなくて柔らかいブリオッシュ、珍しい。

e0108979_2220953.jpg




夜ゴハンは、リサーチしておいた宿近くのレストランへ向かったけれど
金曜日の夜8時、人気のお店は予約でいっぱい。
それで、ランチには何度か行ったことのあるお店へ。

e0108979_22374940.jpg



若い人が多くてほぼ満席、少々騒々しくランチタイムとは全く違った雰囲気。
失敗したかなって思ったけれど、出てきたお料理は大正解!
ア・ラ・カルトで、前菜から2品と

e0108979_22393790.jpg



主菜から1品選んでシェア。
あらら~、ワインはワタシだけでトモダチはふたりともビール!
(フランスに居るのに、何故かビール!)

e0108979_22411622.jpg
Le Progrès
7 rue des Trois Frères 75018 Paris
9h30~2h 無休


予約で満席だったレストランへは、後日リベンジを試みることに♪



[PR]
by abg-paris | 2014-02-25 23:53 | 2014 PARIS2月

マレ~レ・アールを歩く

貴族の館が残るマレエリア、美術館や博物館として公開されています。
サレ館のピカソ美術館は数年前からずっと修復工事中、
今回も残念ながら閉鎖でした。(いったいいつまで~?)
夜はトモダチが滞在しているアパートでパーティー。



今まで素通りしていたカルナヴァレ美術館へ。
1番パリらしいとも言われる歴史美術館。
小部屋がたくさんあって迷路みたい、見ごたえ充分。
入り口すぐに展示されていた看板、中庭からの光の中で美しい。

e0108979_0253974.jpg



ロココ様式の館、国立古文書館になっているスービーズ館。
このあたりにくると観光客はぐっと少なくて
案内なども見つけられず、もっと予習しておけばよかったと反省。

e0108979_10452215.jpg



バール通りのこの風景は好きで毎回訪れ、案内したくなる場所。
雨に濡れた石畳がしっとり。

e0108979_18561673.jpg



トモダチに頼まれていた本を、手に入れるために訪れた人形博物館。

e0108979_1902355.jpg



ポンピドゥーセンターの南側、アートの噴水の向こうに
サン・メリー教会と壁画アート・・・?落書きではないよね。

e0108979_1914467.jpg



お買いものも♪

e0108979_1940679.jpg
Au Petit Boneur la chance
Village St Paul – 13 rue St Paul 75004 Paris
11h~13h30、14h30~19h 休)火水、8月後半の2週間



e0108979_1934534.jpg




[PR]
by abg-paris | 2014-02-24 13:19 | 2014 PARIS2月

バスティーユ朝市

美術館やお店がオープンする時間までマルシェへ。
バスティーユはお勧めの朝市、
生活感を感じることのできる、庶民的で何でも揃うマルシェです。



白カビてんこ盛りのモンドール、これ見ちゃうと食べるには勇気が必要?
オリーブと生ハムはいっぱい試食して、パーティー用にお買いものしたり
薄いクレープみたいなレバノン料理マナキッシュを食べたり。

e0108979_16434012.jpg



牡蠣、大きくておいしそう~。
ワタシとNちゃんは食べることができないので

e0108979_16331912.jpg


代表してFちゃんが試食。

e0108979_16343027.jpg




ヴォージュ広場のカレットでお茶してからメルスリーへ。

e0108979_1771614.jpg
ENTREE DES FOURNISSEURS
8 rue des Francs Bourgeois 75003 Paris
10h30~19h(月14h~) 休)日



[PR]
by abg-paris | 2014-02-23 08:48 | 2014 PARIS2月