パリ最終日/dernier jour

往時は京都に住む妹が伊丹から成田へ来て、一緒に成田からパリへ飛んだけれど
(国内線の乗り継ぎは同一日だとフリーのサービスです)
復路は乗り継ぎ時間が合わなくて、イモウトは関空、ワタシは成田へ別便で帰りました。


2歳違いのイモウトとは、今まで一緒にどこかへ出かけたという記憶もなくて
子供のころはよくけんかをしていたから、どんな旅になるか不安もあったけれど、
トモダチや家族とはまた違う、とっても楽しい旅でした。
イモウトの知らない1面に気づくことも多々あって、大人になって一緒に旅できて良かった!

最初で最後のパリ旅と言っていたイモウトは
すでに来年のカレンダーを見て、次の旅を意識しているみたい。
ワタシはまだ誘われていないので、誰と一緒の旅なのかわからないけれど
イモウトにとっても楽しい旅だったにちがいないと思います。


e0108979_16164916.jpg

蚤の市で買ったグラスに、さくらんぼのビールを入れて。
ワタシの1番の後悔は、グラスを1つ割ってしまったこと。
今度は絶対に割らずに持って帰るから~!
あらっ、また行くつもりなのかしら、ね。ワタシ♪




[PR]
by abg-paris | 2013-09-20 19:58 | 2013 PARIS+ブルージュ

ランチの後は、ヴェルサイユの町を散策。
有名な宮殿の近くには、古い趣のある建物が残っています。

MARCHE NOTRE-DAMEの周りには、小さなカフェやお店が並ぶ路地や
タイムスリップしたような素敵な空間につながるパサージュが。

e0108979_12184443.jpg


アンティークショップが集まっているエリア、
ここ↓、リル・シュル・ラ・ソルグの町角と似ているような。

e0108979_12185543.jpg



そして午後3時、ワタシはパリでランデブー、
イモウトとは夕食の時間まで、再び別行動。

Yさんからメールが届いたのは、パリに到着してからのこと。
ちょうどYさんもこれからパリにいらっしゃるとのことで
急きょ、お会いすることになったのです。
ブログやメールでやり取りはあったものの、東京で1度お会いしたことがあるだけの
ワタシにとっては憧れの方と、異国のパリでランデブー、気持ちは一気にハイに♪

待ち合わせ場所に到着したら、携帯電話で連絡取り合って
無事operaの前で合流してカフェへ。今は便利な時代ですね。
ヴァンドーム広場にオープンしたラデュレのショコラ専門店に寄ったりして
チュイルリー公園までお散歩して、夢のような時間でした。

*Rendez-vous a paris


その間イモウトは、凱旋門に上ってシャンゼリゼ通りをルーブルまで歩いたとか。
パリ最後の夜ゴハンは、ホテルからひと駅の
バスク料理のお店La Cantine Troquet Dupleix。

e0108979_133598.jpg

バスク料理、1年前に食べてから、おいしくってはずれないと思います。




[PR]
by abg-paris | 2013-09-18 08:31 | 2013 PARIS+ブルージュ

今回の旅で、ワタシがひとつ確認不足だったのは、カレンダーの祝日。
旅期間に第2次大戦戦勝記念日があるのは調べていたけれど
キリスト昇天祭という移動祝日があることに、直前まで気づかずにいて。
祝日はお店が閉まっていることを考えて、混雑を覚悟であえてヴェルサイユへ。

e0108979_11151472.jpg


宮殿には何度も来ているけれど、こんなに並んだのは初めてでした。(50分くらい)
事前にチケットは手に入れていたけれど、チケットを購入するのに並んでいる人はほとんどなくて
入場のセキュリティーチェックに時間がかかるみたい。
並んで待っている間の、国際色豊かな人間ウォッチングも楽しかったけれど。
(平気で割り込みしてくるお国の人もいるのです)


どうしても、クラウンやモチーフに目が留まってしまう。

e0108979_1129253.jpg

陰影が美しい♪

e0108979_1129883.jpg

e0108979_11291398.jpg



広大な庭を〝山ガール〟のイモウトは歩いて廻りたかったみたいだけれど
夏期のシーズン中は大噴水ショーが行われていて
普段はフリーの庭も別チケットが必要だったので、残念だけどあきらめました。

さすが人気のスポット、観光客が多いけれど、ワタシはそれを楽しむのも好き。
だ~れも居ない観光地なんて、ちょっと寂しい、とは思いませんか?



[PR]
by abg-paris | 2013-09-17 00:40 | 2013 PARIS+ブルージュ

ブルージュの運河クルーズ。

e0108979_955648.jpg


ブルージュの町は、周りを大きな水路が囲んでいて
その中の小さな運河を船に乗って。

e0108979_105275.jpg



船から降りて、町を歩く。
世界一小さなゴシック形式の窓、わかる?

e0108979_10144448.jpg



ワタシの好きな路地や小道がたくさんあって、かわいいお店に立ち寄りながらの散策♪
お土産にはベルギーチョコや、イニシャルの手刺繍が入った縁取りがレースのハンカチを。

e0108979_0591094.jpg


そしてもちろん、ランチで感激したさくらんぼのビール♪
銘柄によってグラスも決まっていて、コレクションしたくなってしまう。

e0108979_0465357.jpg



帰りのタリスは1等のコンフォート1、簡単な食事付きでwifi接続も無料です。
飲み物がフリーなので、ワインよりもビール好きのイモウトは迷わずビール。

e0108979_10555371.jpg


駆け足のブルージュ、今度はもっとゆっくりと滞在したい町です。




[PR]
by abg-paris | 2013-09-15 10:58 | 2013 PARIS+ブルージュ

寄り道したものの10時にはブルージュに到着。
運河が巡るかわいらしい町、世界遺産に登録されている歴史地区。
通りにはチョコレート屋さん、レース屋さん、かわいい雑貨屋さん・・・
とりあえず、ベルギーワッフルね♪

e0108979_8363988.jpg



町の中心、マルクト広場。
屋根が階段みたいに三角の形、並んだレンガ色のかわいい建物。

e0108979_837516.jpg


時折、小雨が降ってきました。
城壁にある風車を見て、運河沿いをサイクリングする予定だったけれど
お買いものしながら町の中心を散策することに。
こんな日は馬車で観光するのもいいね。

e0108979_8371475.jpg



メインの通りから続く脇道や、運河沿い、どこを歩いても絵になるブルージュの町です。

e0108979_1120076.jpg

e0108979_10511866.jpg


探していたレストランがなかなか見つからず、やっと辿り着いたらお休みで。
それで、イモウトのひと言、
「お腹が空くのと、トイレへ行きたいのを我慢すると、わたし機嫌が悪くなる~」
で、大慌てで(と言っても、レースのお店に惹かれたりして時間はかかったけれど)
無事ランチ、美味しいベルギービールと料理で
イモウトも満足してくれたみたい。(トイレにも行けたし・・・!)


[PR]
by abg-paris | 2013-09-11 11:13 | 2013 PARIS+ブルージュ

パリ滞在の1日は、ベルギーへ足を伸ばすことに。
ツアーに申し込もうか、1泊しようか・・・、いろいろ迷ったけれど
高速列車タリスに乗って、日帰りすることにしました。

チケットはフランス国鉄SNCFのサイトで購入。(または、タリスサイトからでも)
値段は、時期や時間、変更・払い戻し条件やクラスなどで違ってくるのです。
さんざん迷って予約したのは、早朝のパリ6時25分発。
モトピケの駅からタリス発着の北駅へは、始発のメトロに乗らなくてはいけない。
ということに、チケット購入後に気づく。


夜明け前、5時過ぎのモトピケ駅。

e0108979_19381491.jpg

シャッター、閉まってます。
当然、駅の人は誰も居ないし、他の出入り口も閉まっているし
他に人影も無くて、メトロに乗れるかどうかドキドキ、不安な時間。

結局、シャッターが開いたのは始発列車の出発時間の5分前。
メトロが途中で止まらないかとか心配までしたけれど、北駅には余裕で到着できました。
左端↓に見えるワインレッドの列車がタリスです。

e0108979_204168.jpg



列車はブリュッセルに到着。乗り換えてブルージュへ向かう
予定でしたが、どうしても寄り道したくなって・・・

e0108979_20172818.jpg

ジュドパル広場の蚤の市。
シートの上にいろんなものが並んでいたり、何やら詰め込んだダンボールの箱の山・・・
何とも不思議な風景で、フリマ+ガラクタ市みたい?
見る目、選ぶ目があれば、きっと貴重なお宝も潜んでいるのかもしれない、かも・・・?

e0108979_20265174.jpg

当然、値段など付いていなくて、交渉しだい(少しの会話程度)で
何分の1にでも安くなる、という感じでした。

百聞は一見にしかず。
納得したので、ブルージュに向かいましょ♪




[PR]
by abg-paris | 2013-09-03 00:04 | 2013 PARIS+ブルージュ

Hôtel de l'Avre

旅の宿は、メトロモトピケから歩いて2,3分、
前から気になっていたプチホテルHôtel de l'Avre
3路線通るメトロの駅前にはモノプリ、カフェ、ブーランジェリー、銀行があって
朝から夜遅くまで賑わっているのに、通りを一つ入ったとっても静かな場所。

e0108979_10483558.jpg

チェックイン時の受付の対応で、ホテルの良し悪はわかるけれど、期待以上に良い感じ♪
予約時にリクエストしておいた通り、バスタブとシャワーがついた
中庭に面した1番広い清潔な部屋でした。
(広いといってもパリのプチホテルのこと、広さはまあ、それなりです!)

e0108979_110539.jpg



フロントの奥にあるプチディジョネのコーナー、
パリのホテルでは珍しく、中庭に面した大きな窓があって明るい。
ゴージャス過ぎることなくて、センス良かったです。
シンプルな朝食、クロワッサンもバケットもおいしかった。

e0108979_111349.jpg




[PR]
by abg-paris | 2013-09-02 00:09 | 2013 PARIS+ブルージュ

別行動のフリー日/Jour 5

イモウトのリクエストを、出来るだけかなえてあげようと
パリを案内していたワタシに、4日目の夜イモウトが言いました。
「パリに来ているって感じが全然しない。
お姉ちゃんがどこへでもスイスイ連れてってくれるから
外国にいるって思えない。
だから明日は一人で行動する!」
(え、えええ~!そうなの~?)

と言うことで、5日目は夕方まで別行動することに。
それでも心配性のワタシは、メトロの乗り方とカフェの入り方を確認して
サクレクール寺院の麓まで一緒に行って、分かれました。

ワタシは、生地屋さん、メルスリーやブティックをハシゴ。
途中、本屋さんでかわいい絵本を見つけました。
Paris y es-tu ?

e0108979_11295386.jpg

絵本作家の神山ますみさんの絵本。
旅の記念にイモウトにプレゼントしたので、今ワタシの手元にはないのですが、調べたところ
テオ少年が散歩の途中にいなくなった愛犬ポチを探して、パリを巡り歩くというストーリー。
ルーブル、凱旋門、オペラ座、モンマルトル、ノートルダム、オルセー、エッフェル塔、
サンマルタン運河、ヴェルサイユ宮殿・・・、パリの主たる観光名所が描かれていて
見ているだけで、パリをお散歩している気分です♪


e0108979_1150366.jpg

メルスリーを廻っていて驚いたのは、日本の手芸関係本があちこちに。
もちろん仏語訳版。書籍が並ぶ1番目立つ位置に何冊も。
特に月井良子さんは人気みたいで、どのお店でも見かけました。


夕方の待ち合わせは、ラファイエットで。
時間になってもなかなか現れないイモウトを待っている間に
castanerのサンダルも見つけたし♪
今回の旅では自分のお買いものをたくさんしました。


夜ゴハンはホテル近くのL'Alchimieで、イモウトの一人行動の報告会。

e0108979_12253961.jpg


下調べなどほとんどしていなかったイモウトですが、サクレクールのテラスに登ったり
モンマルトルの細い路地まで散策した後、シテ島周りをぶらぶら歩いたみたい。
さすが〝山ガ~ル〟、地図を見て行きたいところには辿り着けちゃうのね。
でも1番困ったのはトイレで、探すのに時間がかかって歩き回ったとか。

待ち合わせのラファイエットに遅れてきたのも
デパートの中でトイレを探していたからだそう。
日本のように各階にトイレがあるわけではないから、知らないと大変だったね。



[PR]
by abg-paris | 2013-08-30 07:12 | 2013 PARIS+ブルージュ

お買いもの日/Jour 4

4日目はショッピングの1日。
「ちょこっと行って、さぁ~っと買い物するから~」と、イモウトの何ともお気楽なリクエストで
RERに乗って、郊外のアウトレットLa Vallée Villageへ。
ワタシにはあんまり縁のない場所だけど、行ったことがなかったから興味大!

e0108979_1883763.jpg

Wellcome CenterでVISAカードを提示して、10%offのチケットを手に入れると
最終的にはかなりの値引率でお買いものできちゃう。
ボタンが1コ取れていたからあきらめたけれど
1年前のバーバーリーコートが、ちょうど半額!ホシカッタ~
それにしても雨が降る平日とはいえ、閑散とした寂しいアウトレットでした。


ランチの後はホテルに荷物を置いてから、午後のショッピングへ。
サンジェルマン・デ・プレ辺りをウロウロ~

e0108979_1843389.jpg



Amorinoは、あちこちで見かけたイタリアンジェラードのお店。
コーンを注文すると、花の形にシェラードを盛り付けてくれる。かわいい~♪
「旅先でよくアイスを食べてるね。」トモダチに言われたことがあるけれど、はい!大好きなの。

e0108979_18334238.jpg

ワタシはカシスとティラミス、こっくりとした色あわせを考えて注文。
何も考えずに同系色を選んでしまったイモウト、悔しがってました。



結局あちこちで夜8時までお買いものをして、その後、夜のお散歩へ。

e0108979_2094152.jpg




[PR]
by abg-paris | 2013-08-28 09:06 | 2013 PARIS+ブルージュ

今回、初パリのイモウトが1番たくさん訪ねた場所は
パリのおへそ、シテ島。

e0108979_10295937.jpg

心に残る夕暮れの(と言っても時間は夜の8時半)、ノートルダム寺院。
夕日に照らされた姿が美しくて、じーっと観てました。

e0108979_10312650.jpg


ピアノとヴァイオリンを演奏するミュージシャン、スケッチする人
ローラースケートで高跳び(?)する若者たち、騒がし過ぎず盛り上がるのがパリ風。
夕暮れのノートルダム寺院、お勧めです♪
(カメラはいつも携帯していたのに、いつもに増して画像が全くアリマセン。)


夜ゴハンは、サンルイ島のPOMME CANELLEにて。
昼も夜もメニューは変わらず、早くておいしくて、リーズナブル、
それに量がちょうど良いのがうれしい、カジュアルなお店。
かれこれ20年以上のリーピーターです、ワタシ。

e0108979_10583173.jpg

〝OSSO BUCO〟という料理、昨年食べてから
すっかり気に入ってしまって、ポムカネルでも見つけて注文。

e0108979_10491996.jpg

デザートはもちろん、ベルティヨンのアイスクリーム♪




[PR]
by abg-paris | 2013-08-27 00:04 | 2013 PARIS+ブルージュ