カテゴリ:2011/09 イングランド( 42 )

帰国

今回の旅、エディンヴァラ到着後、予定を変更して急きょ日本へ帰国することになりました。
最後は、とにかくあわただしいイギリス旅になってしまったけれど、いつの日か旅の続きができることを願って。


e0108979_9531985.jpg


More
[PR]
by abg-paris | 2012-02-25 15:04 | 2011 イングランド

列車に乗って

ムスメと別れワタシとオットが向かうのは、スコットランドの首都エディンバラ。
ニューカッスルからは列車で1時間半。
チケットは、事前にネットで予約。(簡単、便利そしてお得♪)
運賃は、条件(日帰りか往復か、時間、購入日、購入方法など)によって、かなり差があって複雑なのです。
時間があったので、セントラルステーションで軽くランチ

車窓からの風景は、のどかで美しい。


e0108979_9143618.jpg



畑や牧場、そして低くて青い空が広がって


e0108979_912618.jpg



北へ進むうちに見える海。


e0108979_9172496.jpg



ローカルな風景に飽きることなく、そしてエディンバラへ。
[PR]
by abg-paris | 2012-02-20 09:17 | 2011 イングランド

University

e0108979_20352569.jpg


e0108979_20351585.jpg


e0108979_203547.jpg



新学期が始まる前の学校をくるりと見て廻って
寮に荷物を届けて、今回の旅の任務、無事終了♪
[PR]
by abg-paris | 2012-02-14 08:30 | 2011 イングランド

Newcastle upon Tyne

ロンドンから飛行機で1時間と少し、ニューカッスルへ。
ニューカッスル・アポン・タインはかつては炭鉱や造船で栄え
今はサービス業や観光に重点をおいた北イングランドで1番大きな街。
街中はそれなりににぎやかですが、ちょっと郊外に行くと馬や羊が
のんびりと放牧されている景色に出会えます。

街の中心にあるモニュメント、アールグレイ像。


e0108979_18273233.jpg


アールグレイはご存知、紅茶の名前。
ニューカッスル出身のアールグレイが首相を勤めていた頃
中国から輸入された紅茶が愛用されていて、それがのちに”アールグレイ”と呼ばれたのだとか。


e0108979_18181142.jpg



市内を流れるタイン川沿いのレストランで食事しました。
[PR]
by abg-paris | 2012-02-11 18:33 | 2011 イングランド

St. James's Park

ホテルに戻るにはまだ早い時間、雨が止んだのでバスを降りて立ち寄りました。
日曜日の夕方のセントジェームズパーク。

ヴァッキンガム宮殿とトラファルガー広場の間、都会の真ん中に広い公園。
池の向こうにロンドン・アイが見えますね。


e0108979_17419100.jpg



訪れたのは9月半ば、芝生には夏のデッキチェアがたくさん置かれたまま。


e0108979_17472222.jpg



その間を、逃げるでもなくたくさんの鳥たちが動き回っています。


e0108979_17504876.jpg



そして、リスたちも怖がるでもなくワタシたちの目の前を普通に横切って。


e0108979_17514333.jpg


都会の公園でこんな風景を目にするとは思っていなくて
ロンドンの旅途中にゆっくりとお散歩の時間、お勧めです♪
[PR]
by abg-paris | 2012-02-07 08:27 | 2011 イングランド

ミュゼとギャラリー

ロンドン滞在の途中にニューカッスルへ出向くため
前半は観光に徹し、買い物は後半で楽しむ予定でした。
(ニューカッスルへ日本から持ってきた荷物を届けるまでは、重量もギリギリだったので)


e0108979_12272359.jpg



イギリスではとにかく観光スポットにかかる料金が高いことに、最初はほんとにびっくりで。
円高だからまだ許せるものの、フランスでは無料の教会や寺院も有料なのです。
反面、ミュージアムはフリーというところがほとんどで、それならと行ってみた大英博物。


e0108979_12332898.jpg


エジプト象形文字解読の手がかりになったという有名なロゼッタ・ストーン。
トリや動物、生活雑貨・・・、なんだか、刺しゅうやキルトのサンプラーを連想してしまうね。


そして、ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアム。


e0108979_12494543.jpg


このミュゼの本当のお目当ては、こちら
[PR]
by abg-paris | 2012-02-05 17:16 | 2011 イングランド

バッキンガム宮殿

ロンドン2日目は、半日観光のツアーを申し込んでいました。
前日すでに市内中心部は廻ってしまっていたけれど、初めてのロンドンなので
バスツアーを利用するなら今回しかないと思って。
ひと通り廻って、最後に訪れたのはバッキンガム宮殿。


e0108979_11215317.jpg


衛兵の交代式を観るのにたくさんの人。
隣り合わせたのはフランス人家族で、仏語の会話を耳にしながら。


e0108979_11231390.jpg



そして、こんなところにもクラウン発見!


e0108979_11234622.jpg



ツアーが終わってランチのお店を探している時も、目に留まるのはクラウンね。


e0108979_12940100.jpg

[PR]
by abg-paris | 2012-02-03 11:26 | 2011 イングランド

ロンドンバス

ロンドンの街観光は、とにかくバスが大便利。
地下鉄(アンダーグランド)は、空港とホテルの往復とあと1回乗ったくらい。
たぶん地下深~いところを走っているのか、地上からホームまでが遠すぎる。

移動に大活躍だったのは、おなじみの赤い2階建てバス。
街の様子を上から目線で見ているだけで、充分楽しい♪
オイリーカードで乗り降り自由。


e0108979_100384.jpg



お気に入りの1シーンは、セント・ポール大聖堂の前。
黒い電話ボックス(珍しい?)を見つけて
ちょうど横切った赤いバスを一緒に。


e0108979_1083745.jpg



夕方のロンドン橋に、バスの縦列見っけ。


e0108979_1095385.jpg

[PR]
by abg-paris | 2012-01-30 10:10 | 2011 イングランド

テムズ河のゴリラ

タワー・ブリッジから、テムズ河南岸を西へお散歩。
ロンドン市庁舎前の遊歩道にずらり並んだゴリラたち。


e0108979_1833814.jpg


アーティスティック!
マウンテンゴリラの保護活動なのだそう。


e0108979_18323127.jpg



翌日、また訪れてしまったくらい、テムズ河の遊歩道は気持ちよかったです。
[PR]
by abg-paris | 2012-01-26 11:01 | 2011 イングランド

Tower Bridge

雨がぱらぱらと降り始めたので、トラファルガースクエアからあわてて赤いバスに飛び乗った。
橋を渡り、テムズ河南岸を通ってタワーブリッジへ。
リサーチではさほど期待していなかったこの橋、通過するだけでもいいかなと思っていたけれど。


e0108979_17372858.jpg



2つの塔を結ぶのは、ガラス張りの歩道橋。
その下の部分が跳ね橋になっていて、今は週に数回上がるそう。

それにしてもいつ塗り替えられたのか、ブルーの色が鮮やか過ぎて浮いている?
第1印象はそんな風だったけれど、ロンドン市庁舎あたりから眺めると
塔の色と、ロンドンの空の色にブルーが映えて、美しい~。


e0108979_17481943.jpg


そして、このクラウン♪ ハートです。


e0108979_1810854.jpg

[PR]
by abg-paris | 2012-01-23 18:03 | 2011 イングランド