カテゴリ:2011/03 パリ( 43 )

ヒトヤスミ

e0108979_1072429.jpg


2011年春パリ、ムスメと写った1枚

この日も1日歩き回って、たくさん買い物もしてバックはパンパン。
疲れたねって、ショイヨ宮のテラスに座ってエッフェル塔を見ていたら
写真を撮ってあげましょうと、声を掛けられました。
にわかに緊張して力が入っている後姿だけど、数少ない同行者との2ショットです。


[PR]
by abg-paris | 2012-03-23 10:03 | 2011 春パリ

パリノサクラ

e0108979_0484940.jpg


ちょうど1年前の春、レアールの公園の満開のサクラ

日本から離れた国で、サクラを見つけるとうれしくなるのはやっぱり日本人。
3/11の3日後、決行した春旅でした。


[PR]
by abg-paris | 2012-03-19 13:13 | 2011 春パリ

HOTEL DE LA PAIX

旅後半の宿はいつか泊まってみたいとお気に入りに入れていた、HOTEL DE LA PAIX

e0108979_12234364.jpg

歩いて5分以内にメトロが4路線、バス3路線。 1番近いメトロ駅は1分!
空港へは、エールフランスバスとRERが利用できるという立地の良さ。
周りは生活感が溢れるという感じではないし、ふたつ星で設備に高級感はないですが
クラシカルな雰囲気ながらも、甘くなりすぎずエレガントすぎず
ワタシの好きかわいいホテルでした。

e0108979_12314284.jpg

部屋はツイン、センスいいです~!

e0108979_12344625.jpg


バーがあるので、夜はワインをルームサービスで。
ただ残念なことに、朝食のパンが(ワタシ的に)あんまり美味しくなくて、1日食べたきりでした。


パリ発成田行きエールフランスの最終便は23時20分なので、最終日もゆっく~りできる。
・・・のですが、今回の地震の影響で出発時間が21時に変更になり、しかもソウル経由に。
このことを、ワタシは日本にいるオットからのメールで知ったのですが
2時間も早まるなんて、気づかなければ乗れなかったかも。
この頃はリコンファームの必要はないというけれど、こういう場合どうなるのでしょう。

空港まではRERに乗りましたが、トラブルが発生したみたいでパリエリアを出るまでは
数十分も停車してしまってハラハラ。
日本のように時刻どおりではないパリのこと、時間には充分余裕が必要ですね。
[PR]
by abg-paris | 2011-06-08 10:50 | 2011 春パリ

アメリカフェ

モンマルトル歩きのシメは、やっぱりCafe de Moulin

e0108979_11281362.jpg

改装したみたいで明るい内装になっていました。
ワタシはすでにお腹いっぱいだったので、カフェクレーム。
ムスメはもちろん、クレームブリュレ。

e0108979_1132899.jpg


この後、サンジェルマンデプレに寄り道。
アップダウンの激しいモンマルトルを歩き回った後は、メトロの階段はパスしてバスに乗ります。
ところがこのバス、どうしてだか理由はわからなかったけれど
(アナウンスはあったけれど聞き取れず)
降りたかったバス停の手前で左折して、反対方向へ。
ひと駅乗り過ごして引き返すこともできるのだけど、とにかく少しでも歩きたくないがゆえに
赤信号で止まった時に思わず、「ここで降ります~!」発言。

e0108979_1222984.jpg


無事に最後の買い物をすることができました。
本当はゆっくりお茶したかったけれど、最後になってどんなアクシデントが起こるかもと
不安になってホテルへ戻りました。
[PR]
by abg-paris | 2011-06-06 12:05 | 2011 春パリ

ディジョネ

サクレクールの周辺をぐるりと廻ったあと、ランチへ。

e0108979_0452379.jpg

le progresは、お昼時間は地元の人で満員になるという人気のビストロ。
なので、ランチタイム1番のりを目指しました。

前菜+主菜または、主菜+デザートのセットが15.90€という、お得なランチのセット!
黒板の手書き文字からそれぞれ選びます。
仏語しか話せないお兄さん。一生懸命、お料理を説明してくれました。

e0108979_1016194.jpg
ムスメが選んだニンジンのvelouté。
ポタージュはスープ全般をいう単語で
ヴルーテはとろみのあるスープのひとつ。
卵黄や生クリームを使ってとろみをつけたもの。
お皿の向こうに、うっかり写っているのは
必需品のウェットティッシュ。

e0108979_10314266.jpg

メインのお料理♪ 3つの中から選ぶのを、子羊はパスした2つを注文。
白身の魚も美味しかったですが、なんと言っても仔牛のローストがとっ~ても美味しかった。
分厚いお肉がこんなに柔らかくて日本人に合うお味に、フランスで初めて出会いました。

その後、デザートのリンゴのタルトまで完食して、次の目的のお店へ。
とのまりこさんのお勧めのお店は、ハズレがなくて◎です♪
[PR]
by abg-paris | 2011-05-14 00:33 | 2011 春パリ

モンマルトルにて

旅9日目、最後の1日はモンマルトルへ。
あの日のリベンジ、楽しみにしていた‘アメリ’巡り♪ 
晴天です♪

e0108979_053393.jpg


アメリ巡りの前に、どうしても買い足したいものがあってワタシは生地屋へ。
15分後に待ち合わせねと、その15分の間ムスメはカフェでお茶していたそう。
サクレクール寺院のふもとの広場の、正面にあるカフェ。
テラス席に座ったら、テーブルにくっきりとサクレクール。
このショット! ワタシも撮りたかった・・・。

そして、アメリが歩いたコースを歩いてサクレクール寺院へ。

e0108979_2257118.jpg

e0108979_22572513.jpg

動かずにじっと立っているはずの
白尽くめのムッシュ、
かわいい女の子と
すっかりおしゃべりに夢中。


テアトル広場から細い路地や階段を歩くと、小さなお店が並んでいたり
風情のある風景に出会ったり、迷路のようで途中で方向がわからなくなるけれど
モンマルトルの路地裏歩きは楽しくて大好きです。

e0108979_22582287.jpg

[PR]
by abg-paris | 2011-04-29 00:53 | 2011 春パリ

パリの手芸店

刺繍の先生に、教えてもらったお勧めのメルスリーのいくつかのひとつ、MODE & TRAVAUX

e0108979_8553987.jpg


このお店は以前からチェックリストにはあったものの、オペラやマドレーヌから近いのに
サンラザールまで足を延ばす機会がなかったのです。 
刺繍専門店ではないのでクラフト関係のものや、生地、一般的な手芸用品などもあって
壁にずらりと並んだ本は、見やすかった。

e0108979_18592119.jpg
DMCの刺繍糸。 
左のは、日本で普段買っている25番と同じ大きさで
32メートルとあります。
右の大きなのは10グラム。 
メートル表示はないけれど、どのくらいあるでしょうね。
お店の方には申し訳ないくらいゆっくりと迷って決めるワタシに
丁寧で親切に付き合ってくれたお店のマダムでした。

e0108979_18474474.jpge0108979_1851353.jpg

夕方ムスメと合流して、再び
歩き回った後、軽く夕食。
月曜日はお休みが多くて、やっと
たどり着いたLe Pain Quotidien
とっても美味しくて、
なんと、貸切でした!


[PR]
by abg-paris | 2011-04-24 18:56 | 2011 春パリ

サン・シュルピス教会

月曜日の朝は、サンジェルマンデプレへ。
最初に奇跡のメダル教会を訪ねた後、サン・シュルピス教会へ。
映画ダ・ヴィンチコートの舞台となって有名ですね。

e0108979_2023391.jpg

ドラクロワのフレスコ画よりもワタシが気になるのは、ずらりと並んだ椅子。
ここに限らず教会の椅子の風景に惹かれます。
椅子に腰掛けてしばらく静かな時を過ごしてみる。


バスを待つ間、教会の前のカフェにて。

e0108979_2040883.jpg

この後、バレエのレッスンに行くムスメ。
夕方、ホテルで待ち合わせねと、この旅3度目の別行動の時間です。
ワタシはボンマルシェのメルスリーコーナーをチェックして
デプレ周辺をお散歩した後、行きたかったメルスリーへ。

e0108979_8452632.jpg

パリは小さな町なので、どこへでも歩いて移動できる。
数日の旅ならそれもOKだけど、1週間とか10日とか
それ以上の滞在を歩き続けると、体力がついていかないです。
だから、ワタシは出来る限り乗り物に乗ることにします。
路線を調べておけば便利なのは、バス!
階段の上り下りがないだけでも楽だし、窓からの景色を楽しめ
下車した時に方向を間違うことがないですから♪
[PR]
by abg-paris | 2011-04-22 08:01 | 2011 春パリ

マカロンの日

オペラ座でバレエを観た後、セーヌ川に向けて歩いていると
「さっきから、ピエールエルメの袋を持っている人を見かけるね。」と、ムスメ。
ワタシは全く気づかなかったのだけど、好きなものは自然と目に入るのね。
「日曜日だからお休みでしょう~?見間違いじゃないの?」と、言いつつお店へ行くと、行列が。
それではマカロンでも買いましょうと、並んでみる。

e0108979_16585643.jpg

3月20日は、マカロンの日。
この日、ピエール・エルメにはマカロンだけがずらりと勢ぞろい。
その中から好きなフレーバーを1人3つ、無料でいただけるのです。

というのは、お店には募金箱が置かれていて、マカロンを募金と交換。
収益金は、難病を持つ子ども達を支援するため寄付されるのだそう。
金額はいくらでもいいので、寄付に協力するということなのです。


なんて素敵なイベントなのでしょう♪ ピエールエルメ、ふとっぱら~!
今までピエールエルメには関心がなかったワタシですが、いっきに大ファンに♪
そして、マカロン6個を手に、テュイリー公園のカフェへ。


e0108979_17203431.jpg


夕焼けがあまりにも美しくて、橋の上へ。 カメラはちょっと間に合わず。

e0108979_17325530.jpg

e0108979_10431455.jpg

ホテルがあるモンパルナス周辺は
ブルターニュ地方へ行くTGVの発着駅があるので
クレープリーや、新鮮な牡蠣・魚介のおいしいお店が多い。
ディネの時間、有名なカフェレストランは敷居が高くて入りにくいけれど
Le Bar à Huitres Montparnasseは、お店の人も親切で
美味しい海の幸を味わうことが出来ました。


[PR]
by abg-paris | 2011-04-20 07:26 | 2011 春パリ

ガルニエで

日曜日の午後は、ガルニエのバレエ公演へ。
ため息が出るほど、豪華で美しい。

e0108979_16172035.jpg


シャガールの天井画。 バレリーナたちと、凱旋門が描かれているのがわかりますか?

e0108979_1618132.jpg


演目はコッペリア。 緞帳にはからくり人形の設計図。

e0108979_16181125.jpg

パトリス・バール版のコッペリアは、コッペリアなのにコッペリアが出てこないし!?
ワタシが知っているストーリーとは演出もかなり違っていました。
パンフレットにはちゃんと解説があったのですが、仏語が理解できず・・・
でもうれしいことにこの舞台はスクリーン化され、秋には日本で公開されるとか。
その時までにストーリーを理解して、絶対観なきゃ♪


e0108979_16232792.jpg




この日の公演は日本に捧げられました。
赤十字社の義援金コーナーが設けられ
東日本地震のために寄付されるとのことでした。

[PR]
by abg-paris | 2011-04-18 16:37 | 2011 春パリ