ジョージタウン~ハーモニー通り

イギリス植民地期の建物と
様々な文化が融合した独特の町並みを残すジョージタウン。
エリアによって町並みがはっきりと変わるのも
散策していておもしろいところ。


雨宿りのカフェを出て、人通りの多い交差点の角
パステルカラフルなヤップコンシー。
福建省出身のヤップ一族が建てたもの。

e0108979_10461991.jpg




アルメリア通りに入ってみると、テラスハウスもチャイナっぽい。
人通りは少なくて、ノスタルジックな気分です。


e0108979_10591793.jpg





ペナン島最大の中国寺院、クー・コンシーは
中国南部から渡って来たクー氏が建てた寺院。



e0108979_11220535.jpg


金銀散りばめた豪華な装飾の中


e0108979_11271857.jpg


かわいい動物を見つけたり。


e0108979_11315008.jpg


小さな資料コーナーもあって見ごたえあるのに
閑散としているのは、有料だからでしょうか?



ハーモニー通りを北へ進むと、見えてきたのはカピタン・クリン・モスク。
インド系イスラム教徒によって建てられたもの。
入り口がわからず、中には入れずじまいでした。


e0108979_11345658.jpg




横道を覗くと、そこはリトルインディアエリア。


e0108979_12023578.jpg




たくさんの鳩が集まるのは、ペナン島最古の中国寺院、観音寺。
1日中参拝者が絶えることなく、お線香があげられているからか
この空間、煙ったかったです。


e0108979_11515553.jpg




西と洋の異文化が混在する通り、
ハーモニー通りの名前の由来を思い知りました。





[PR]
by abg-paris | 2016-08-15 21:56 | 2015/11 ペナン島